色別に「SADAKOねがいづるの、意味を統一します




ピンク色はカナダの在る学校で、ピンク色のシャツを着ていて、いじめを受けて苦しみ悲しんでいた学生を、何とか救いたいと思った友人達が、みんなでピンク色のシャツを着て登校し、その学校からいじめを追放した逸話から派生しました。

禎子の折り鶴も、今後ピンク色で折られる折り鶴は学校で行われる「いじめの根絶」「差別の根絶」を願って折る
<SADAKOねがいづる>として意味を統一したいと思います。

街角には、ピンクの腕章をした「いじめ根絶見守り隊」が見守ります。

世界中の学校が、ピンクの折り鶴で埋まる事を願っています。

世界中の人の心が、ピンク色の心でつながるまで、まず自分の周りにピンク色の心を拡げましょう!!

差別には、おおよそ「国の違いによる差別」「人種差別」「貧富による差別」「文化の違い(土足、畳の上、水上生活」「食文化」「特定病による差別」「宗教の違いによる差別」等があり、あらゆる、「差別の根絶」を願う、ピンク色の「SADAKOねがいづる」を掲げた世界中の多くの人達の願いで埋め、いかなる差別もいけないのだと言う声を、ピンク色の折り鶴で拡げましょう!

いじめには人が人にする「虐待」、社会の中に在る
「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」もあり、
注視して、目配り気配りをして、少しでも早く気付いてあげねばなりません!

私達はひるむことなく、たゆみない歩みを進め、ピンク色の心がつながるまで、「ピン色の折り鶴」を折り続けましょう!!




この色別折り鶴は、SADAKO LEGACY の提案であり、他の考え方を否定するものではありません!





この写真はphotoacの無料素材から使用させていただきました。

※いじめの変形が「虐待」であり「虐待」は本当にゆゆしきことです。この事こそは、こちら側から積極的に気付いてあげませんと忘れられる可能性が大きいんです!これは見逃す側にも責任があるのではないでしょうか?

ピンクの折り鶴で虐待は監視していますと言う意志表示を皆さんで啓蒙していきましょう。



別の色折り鶴の意味は引き続きアップします。

ピンク色の折り鶴           


ピンク色はカナダの在る学校で、ピンク色のシャツを着ていて、いじめを受けて苦しみ悲しんでいた学生を、何とか救いたいと思った友人達が、みんなでピンク色のシャツを着て登校し、その学校からいじめを追放した逸話から派生しました。

禎子の折り鶴も、今後ピンク色で折られる折り鶴は学校で行われる「いじめの根絶」「差別の根絶」を願って折る
<SADAKOねがいづる>として意味を統一したいと思います。

街角には、ピンクの腕章をした「いじめ根絶見守り隊」が見守ります。

世界中の学校が、ピンクの折り鶴で埋まる事を願っています。

世界中の人の心が、ピンク色の心でつながるまで、まず自分の周りにピンク色の心を拡げましょう!!

差別には、おおよそ「国の違いによる差別」「人種差別」「貧富による差別」「文化の違い(土足、畳の上、水上生活」「食文化」「特定病による差別」「宗教の違いによる差別」等があり、あらゆる、「差別の根絶」を願う、ピンク色の「SADAKOねがいづる」を掲げた世界中の多くの人達の願いで埋め、いかなる差別もいけないのだと言う声を、ピンク色の折り鶴で拡げましょう!

いじめには人が人にする「虐待」、社会の中に在る
「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」もあり、
注視して、目配り気配りをして、少しでも早く気付いてあげねばなりません!

私達はひるむことなく、たゆみない歩みを進め、ピンク色の心がつながるまで、「ピン色の折り鶴」を折り続けましょう!!